保育園情報/鳥取市 一覧、料金、空き状況など

スポンサーリンク

データを見ると、現在待機は少ないですが、楽勝で入れるということはないと思われます。鳥取市の学齢前の入所には3つの基準があるようです。

支給認定について
認定区分 対象年齢 お子様の状況 利用可能施設
1号認定 満3歳以上 幼稚園等による教育の利用を希望するとき 幼稚園認定こども園
2号認定 満3歳以上 保育の必要性があり、保育所等での保育を希望するとき 保育所認定こども園
3号認定 満3歳未満 保育の必要性があり、保育所等での保育を希望するとき 保育所認定こども園小規模保育事業

いわゆる保育園に入るためには、2号認定、3号認定を受ける必要があります。

スポンサーリンク

保育園入所の優先順位決定方法

入所決定の方法は、点数積み上げを方式のようですが、詳しい利用調整の表は公表されていないようです。

入所の内定・承諾は申込の受付順ではなく、書類審査や状況調査等により、希望順位や保育の必要性 の高い方から順に行います。

↓は奈良市で使われている利用調整表です
利用調整の指数表と順位表はこちらへ(奈良市)

鳥取市でも似たような利用調整表が使われていると思います。そのため、例えば就労時間などについても、2時間変わるごとに点数が変わっていっています。職場で証明書を書いてもらうときなど基本時間ではなく残業を入れた実質の時間でしっかり書いてもらうことが大切です。

現在多くの自治体で取り入れられている入所決定の方法が点数(指数)方式です。この点数を上げることが、保育園に入れるかどうかを決定する全...

↑詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください

この表は有利に保育園の入園活動をするためにとても大切ですのでしっかり見ておきましょう。 例えば就労時間などについても、月で30時間変わるごとに点数が変わってきます。職場で証明書を書いてもらうときなど基本時間ではなく残業を入れた実質の時間でしっかり書いてもらうことが大切です。 その他にも動やったら点数が上がるかよく考えておきましょう。

例えば、子どもが小さくて働くことが難しい場合求職で申し込むぐらいなら頑張って内職をしたほうがまだ点数が上がります。検討してみても良いかもしれません。

鳥取県の内職情報(10件) | 一般的な内職についての情報センター(求人情報)

保育園に入るための条件

お子さんの保育が必要な場合で具体的には下記のような場合です。

保護者の状況

利用できる期間(最長)

就労の場合(月に64時間以上) 子どもの就学前まで
出産の準備や出産後の休養が必要な場合 出産予定月の前後各2か月間を含む5か月間
病気や障がいのため保育が困難な場合 療養を必要としなくなるまで
病人や障がい者を看護・介護している場合 看護・介護を必要としなくなるまで
災害の復旧活動が必要な場合 必要な期間
大学や職業訓練校、専門学校などに通っている場合 通学期間
求職活動中の場合 一世帯につき年度内累計3か月間
その他、市が認める場合
(虐待やDVのおそれがあるなど)
必要な期間
育児休業の場合

求職で入った場合は、3ヶ月以内に基準を満たす職につかない場合は退園させられる可能性があります。

保育園一覧

鳥取市公式ウェブサイト:平成31年度保育所等入所申込みについて

それぞれの保育園情報がPDFになっています。最低限の情報しかなかったので雰囲気まではわからなかったです。

ただ、各保育園のサイトへのリンクがありますのでそこを見れば結構雰囲気がわかります。

良い保育園を見極めるときに気をつけること

良い保育園の見極め方、見学をするときのポイントや職場復帰をするときに注意するべきポイントなどがまとめられていてとても参考になりました。おすすめの本です。

感受性豊かな幼年期をよりよく過ごすためにいい保育園に通うことはとても大切なことです。 実際問題として、待機もたくさんある中で受...

厚生労働省が出している良い保育施設の選び方を紹介しています。(補足の情報については、私が感じたことを書いています)

保育料金について

保育料については市県民税の額によって決定します。

1.pdf (6ページ)

一番上にも書きましたが、一般的な保育園の入園で3歳以上であれば2号、3歳未満であれば3号になります。

待機児童の数や空き状況について

鳥取市の待機児童数です。

国基準の待機児童数は0人のようです。

保育園の申し込みの流れなどについて

31年度の申込について

一次募集
申込期間 平成30年11月1日(木) ~平成30年11月20日(火)

受付場所 大地希望の施設

保育園のことについての相談窓口

健康こども部 こども家庭課
電話0857-20-3461 

その他情報

鳥取県の保育園情報 に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク